Announcement Date: 2015-10-15

For English Translation, see below.

OPC日本ミッションから日本キリスト改革派教会第70回大会への抗議文

 

日本キリスト改革派教会(RCJGA)と正統長老教会日本ミッション(OPCJM)

間の1956年制定の協力規定に基づき、ここに深い悲しみのうちにミッションは貴教会第70回大会の記録に残していただくため、RCJが教師と治会長老は男子でなければならないという教会規定を変更しこの10月からその変更規定を施行することに対し、かつ、今大会が私たちOPC大会がその書簡において求めた昨年の決議を翻せなかったことに対して、抗議文を提出させていただきます。

 

私たちの信仰規準であるウエストミンスター信仰告白は、「すべての事柄に関する神の計らいの全体は、聖書の中にはっきりと書き記されているか、それとも正しく必然的な帰結により、聖書から導き出されるか、のいずれかである。」(ウ告白1:6松谷訳) それは以下のように聖書に明確に記されています。「私は、女が教えたり男を支配したりすることを許しません。」(1テモテ2:12、新改訳) 従って、聖書は女性が教会における教師と治会長老の主要な働き、即ち、「教えることと治めること」から禁じられていることを「神の計らいの全体」の一部として明示しています。(1テモテ5:17) この禁止令は、第一テモテのある部分 (2章1節から3章13節)が「神の家」としての教会の生活と礼拝のために定めたものであり、単にエペソの教会や1世紀の教会のためだけのものではなく(1テモテ3:14-15)、諸規定の一部であることが明白に示されています。女性が教会において教えたり、治めたりすることを明確に禁じている事実の前に、RCJの行動は聖書に違反していることになります。

 

さらには、私たちの改革派主義信仰規準であるウエストミンスター信仰規準が「旧約と新約の聖書が、神の言葉であり、信仰と従順の唯一の規範です。」(ウ大教理3)と宣言していること、またRCJ大会のこれまでの検討報告自体がこれらの教会規定の変更に対する聖書による積極的根拠を提示していないことから、RCJ大会は、自らが聖書が信仰と従順の唯一の規範であるとする告白から逸脱していることになります。教会の監督として、皆様は非改革派主義でかつ聖書の禁止令を破る道へとキリストの教会を導くことになります。

 

最後に、、改革派教会の兄弟姉妹の皆様への私たちミッションのキリストにある愛と尊敬、そしてこれまで60数余年にわたる宣教協力への感謝の心には、一点の曇りもないことを付け加え、神の民へのイザヤの憂いの声を引用して、私たちの抗議の締めくくりといたします。

「わたしの民は、幼子に追い使われ、女に支配されている。わたしの民よ。お前たちを導く者は、迷わせる者で、行くべき道を乱す。」(イザヤ3:12)

————————–

With deep grief, pursuant to the 1956 cooperative agreement between the General Assembly of the Reformed Church in Japan (RCJGA) and the Orthodox Presbyterian Church Japan Mission (OPCJM), the mission hereby presents for the record of this 70th General Assembly its official protest against this month’s change in the form of government of the RCJ removing the requirement that ministers and ruling elders be male, and the failure of this year’s RCJGA to reverse that decision for which our OPCGA argued in its epistle to this assembly.

 

Our common confessional standard, the Westminster Confession of Faith states that God’s whole counsel is to be known first by that which is “expressly set down in Scripture,” together with that which “by good and necessary consequence may be deduced from Scripture” (1.6). It is expressly set down in Scripture as follows, “I do not permit a woman to teach or to exercise authority over a man” (1Tim 2:12). Scripture thereby expresses as a part of “the whole counsel of God” that women are forbidden to engage in the primary activities of ministers and ruling elders in the church: teaching and ruling (1 Tim 5:17). It is also clearly expressed that this prohibition is a part of rules that part of 1 Timothy (2:1-3:13) sets down for the life and worship of the church as the household of God, not merely the church in Ephesus or that of the first century (1 Tim 3:14-15). In the face of the Scripture clearly prohibiting women from teaching and ruling in the church, the RCJ’s conduct is in violation of Scripture.

 

Furthermore, since our Reformed standard of faith, the Westminster Standards, declare, “the Holy scriptures of the Old and New Testament are the word of God, the only rule of faith and obedience” (Larger Catechism 3), and the RCJGA study reports make no claim that Scripture provides positive warrant for these constitutional amendments, the RCJGA has deviated from what it confesses to be the only rule of faith and obedience, Holy Scripture. As overseers of the church, you are leading Christ’s church down a path that is both unreformed and violates Scripture’s prohibition.

 

Finally, without a cloud of doubt about our mission’s love and respect for you, the Reformed Church in Japan, our brothers and sisters, and with our heartfelt thanks for some 60 years of missions cooperation, we conclude our protest by quoting Isaiah’s concern for God’s people in his day:

 

“O My people! Their oppressors are children, and women rule over them. O My people! Those who guide you lead you astray And confuse the direction of your paths.” (Isaiah 3:12)

 

 

This entry was posted in . Bookmark the permalink.