Announcement Date: 2014-10-23

(For English translation, see below.)

サウロがイスラエルの王の話をひとつ思い起こしていただきたいです。ペリシテ人がイスラエルへの攻撃の準備を仕掛けた際、サウロがイスラエルの軍を整えている話のことです。サウロはその時、預言者サムエルがイスラエルの為に犠牲をささげるよう、待たされました。 サムエルは7日間、遅れ、サウロはそれに耐え切れませんでした。その時のサムエル13章にはこう書いてあります。

8 それで民は彼から離れて散って行こうとした。

9 そこでサウルは、「全焼のいけにえと和解のいけにえを私のところに持って来なさい」と言った。こうして彼は全焼のいけにえをささげた。

10 ちょうど彼が全焼のいけにえをささげ終わったとき、サムエルがやって来た。サウルは彼を迎えに出てあいさつした。

11 サムエルは言った。「あなたは、なんということをしたのか。」サウルは答えた。「民が私から離れ去って行こうとし、また、あなたも定められた日にお見えにならず、ペリシテ人がミクマスに集まったのを見たからです。

12 今にもペリシテ人がギルガルの私のところに下って来ようとしているのに、私は、まだ主に嘆願していないと考え、思い切って全焼のいけにえをささげたのです。」

13 サムエルはサウルに言った。「あなたは愚かなことをしたものだ。あなたの神、主が命じた命令を守らなかった。主は今、イスラエルにあなたの王国を永遠に確立されたであろうに。

14 今は、あなたの王国は立たない。主はご自分の心にかなう人を求め、主はその人をご自分の民の君主に任命しておられる。あなたが、主の命じられたことを守らなかったからだ。」

この箇所でサウロの行動について是非考えて頂きたいです。彼は主の命令を全く無視しました。サムエルではなく、彼が犠牲をささげ、はっきりと禁じられた行為行ったわけです。祭司と王の役はイスラエルにおいてはっきりと別れており、サウロは神様を信じ、サムエルが現れるのを待つべきでした。

その時にサウロが行動に出た際、彼の動機や思いは勿論ある種、正当な、またはピュアな理由からきたものです。ただ、ここではっきりと聖書がわれわれに示しているのは、われわれの考える『正当な』ですとか、『ピュアな』理由では全く不十分であるわけです。同様にサムエルは別の時にサウロにこういいました。

「主は主の御声に聞き従うことほどに、 全焼のいけにえや、その他のいけにえを 喜ばれるだろうか。 見よ。聞き従うことは、いけにえにまさり、 耳を傾けることは、雄羊の脂肪にまさる。 (1 サムエル記15:22)

ここでサウロは自分に委ねられていない役目を勝手に担い、禁じられた行為を行いました。ここで彼が人の前、または主の民、当時の教会の前でその動機や理由がどう見えたとしても、神様はこれを王としての神への決定的な不従順とみなし、これを機に王国を彼からほかのものに渡すこととなりました。

教会の王でありまたかしらである主イエスはイエス様の王国の下ではっきりと女性が男性を教えたり、治めたりすることを禁じてます。第一テモテの2:12でそう記されています。男性への教えができない女性には、長老や牧師になることは不可能です。つまり、イエス様がパウロを通して禁じた行為を行わなければ、女性は長老や牧師の任務は果たせません。兄弟たち、今日、ここであなたがここに踏み込む際、いくら心の思いや理由、動機がピュアだったとしても、この一人ひとりがとる行為は、あなたの王であり頭であるイエス様への完全な反抗となります.

サムエルは、次のように続けて、サウロを忠告しました。

「見よ。聞き従うことは、いけにえにまさり、 耳を傾けることは、雄羊の脂肪にまさる。まことに、そむくことは占いの罪、 従わないことは偶像礼拝の罪だ。 あなたが主のことばを退けたので、 主もあなたを王位から退けた。」

(1サムエル記 15:22-23)

愛する兄弟の皆様、サウロは、次のようにこの忠告に悔い改めました。

サウルはサムエルに言った。「私は罪を犯しました。私は主の命令と、あなたのことばにそむいたからです。私は民を恐れて、彼らの声に従ったのです。」 (1サムエル記15:24)

皆様、お勧めいたします。主が使徒パウロを通して与えられた禁止をお守りつづけて下さい。

English text of Speech by Woody Lauer during the Debate on whether or not to allow women in the ministry and eldership at the General Assembly of the Reformed Church in Japan

One day when Saul was king of Israel, and the Philistines had gathered their army against Israel, Saul was preparing his army to defend Israel. Saul was waiting for Samuel to offer sacrifice to God on behalf of the army of Israel. Samuel was late. He was late by 7 days. Saul became impatient. We read this account in 1 Samuel 13,

8 … the people were scattering from him.

9 So Saul said, “Bring to me the burnt offering and the peace offerings.” And he offered the burnt offering.

10 And it came about as soon as he finished offering the burnt offering, that behold, Samuel came; and Saul went out to meet him and to greet him.

11 But Samuel said, “What have you done?” And Saul said, “Because I saw that the people were scattering from me, and that you did not come within the appointed days, and that the Philistines were assembling at Michmash,

12 therefore I said, ‘Now the Philistines will come down against me at Gilgal, and I have not asked the favor of the LORD.’ So I forced myself and offered the burnt offering.”

13 And Samuel said to Saul, “You have acted foolishly; you have not kept the commandment of the LORD your God, which He commanded you, for now the LORD would have established your kingdom over Israel forever.

14 “But now your kingdom shall not endure.

What had Saul done? He disobeyed the command of the Lord. He offered a sacrifice. He was forbidden to do so. The offices of priest and king in Israel were distinct, and Saul was to wait for Samuel.

Saul’s motive appears to have been pure. Pure motives are not enough. As Samuel said to Saul on another occasion,

Samuel said, ‘Has the LORD as much delight in burnt offerings and sacrifices As in obeying the voice of the LORD? Behold, to obey is better than sacrifice.’   (1 Sam 15:22)

Saul usurped a function in the OT church that was forbidden to him. Even though his motive may have been good, God took the kingdom away from him on account of the usurpation.

The Lord Jesus, King and Head of the church, forbids women to teach men or to rule over men in his kingdom. He has stated that clearly in 1 Tim 2:12. It is not possible to make women elders and ministers without having them teach and rule men. That is, without allowing them to do what Jesus forbids them to do. Brothers, if you take this step today, your hearts may be as pure as Saul’s was, but your action will constitute rebellion against the King and Head of this church.

Samuel went on later to reprove Saul with these words:

22 Behold, to obey is better than sacrifice, And to heed than the fat of rams.

23 “For rebellion is as the sin of divination, And insubordination is as iniquity and idolatry. Because you have rejected the word of the LORD, He has also rejected you from being king.” (1 Sam 15:22-23)

My dear brothers Saul responded to this rebuke with repentance saying, “I have sinned; I have indeed transgressed the command of the LORD and your words” (1 Sam 15:24).   I urge you, today. Heed the prohibition of our Lord, given through his apostle Paul. Do not vote to allow women to teach or exercise authority over men.

 

 

This entry was posted in . Bookmark the permalink.